上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日で9.11同時多発テロから八年目。無慈悲なテロで愛する人を失った人の悲しみは今も消えないことでしょう。多くの命が失われた八年前の今日どれだけの血と涙が流れたでしょう。あのときまだ三歳だった僕は幼すぎてその事件の残虐さも。深刻さも分かることはなかった。そのときの僕に分かることはただ一つ。「多くの命が失われた」ということだけ。何も知らない僕が「残虐」「深刻」「惨劇」などという言葉を使うことが許せない方もいるでしょう。そしてあの事件を止められず。真実を知ろうともしなかった僕を恨む方もきっといるでしょう。11歳になってやっとその意味に気づき始めた僕は心を突き放された気がしました。同じ人間であるというのに。何故。ということを思ったのです。僕と同じような考えをもつ方もきっといることでしょう。僕みたいな子供が言えるほど甘っちょろい問題ではないと思うでしょう。僕のまだ回りきらない頭ではそれくらいしか考えられないのです。もしも。あの日に僕の家族が死んだとして。その日に死ぬと分かっていたならば。その人の笑顔が最後のものだと分かっていたならその笑顔を心に刻みつけ。涙を堪え笑顔で僕はその人を送り出していたでしょう。その人が僕にそうしてくれていたように。もしも僕が死ぬと分かっていたなら精一杯の笑顔で皆に『ありがとう』と言うでしょう。あのときの幼い僕がもう少し。その事件を理解してくれていたならば今の僕はどうしていたでしょう?分かりっこありません。あの事件で僕よりも小さい子が亡くなっているということもあるのですから。僕は非力で無力だ。あの事件のことを八年もたった今。やっと今。七年も知ろうとしなかった。後悔を今日という日に何回したのだろう。そして何故この場でしか語れないのだろうか。僕の思いを。でもこの場で一人。一人だけでも僕の思いを感じ。伝えてくれる人がいるならば僕は喜びます。涙を零してでも。でも今このときに泣いている人もまだいる。悲しみという悪夢で。もし八年前の今日失われた笑顔が蘇るなら。取り戻せるならば誰だってそれを望むでしょう。僕は今パソコンの前でしかこの思いを語れない。蘇ることない命であるからこそ涙は流れるのでしょう。もう笑顔が見れない人のことを考えると心に影がさすでしょう。その影にまた光がさすことはあるでしょうか?まだ子供の僕には分かることも少ない。でも子供の僕だからこそ伝えられることもある。だから今は精一杯の僕の気持ちを一人でも多くの人に伝わってくれることを願います。何が目的であんなに沢山の人を殺したのか。誰がこんなことを望んだのか。「他人の私の苦しみが分かるわけないだろう」と思う人も沢山いるでしょう。だけれでも僕たちは同じ世界に。『地球』という世界に生きる人間だ。そしてそう思う人も貴方意外にも沢山いる。僕がもしも神様ならばあの日失われた命だけじゃなく笑顔も。全て取り戻してみせる。今の僕の精一杯はこれくらい。もっと年を重ね。あの事件から9年。10年。と月日が重なっていこうと僕はこの事を忘れないと言い切れると思う。そして誰もがこのことを忘れないこと願っています。以上。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gintamafamiri.blog99.fc2.com/tb.php/360-fa68440d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。